母の滴プラセンタexの副作用 「ニキビ・蕁麻疹・下痢」症状が出る理由?

母の滴プラセンタexは美肌を追求している人にとっては魅力でしかない母の滴プラセンタex!

 

そんな母の滴プラセンタexを飲むと「ニキビ蕁麻疹(じんましん)」が出てきている人もいます。

 

 

この副作用的症状の理由はなんなのでしょうか?理由を調べてみました。

 

 

母の滴プラセンタexを飲んだあとのニキビや蕁麻疹が出てきた理由とは?

母の滴プラセンタexというより、プラセンタ自体にはさまざまな美容成分や健康成分が含まれています。

 

  • 成長因子
  • アミノ酸
  • タンパク質
  • 脂質・脂肪酸
  • 糖質
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 核酸
  • 酵素

 

 

私達の貴重な生命を維持するために必要な多くの有効成分が含まれています。

 

 

しかし、プラセンタを含むサプリなどを飲んでいる人の中には

 

  • ニキビ
  • 蕁麻疹
  • 頭痛
  • 吹出物
  • 下痢
  • 便秘
  • 痒み
  • 体のだるさ
  • 眠れない
  • 突然の生理
  • 生理がの遅れ

 

このような症状に悩まされる人もいるようです。

 

 

通常これらの症状は、好転作用といわれているそうです。

 

好転作用とは、体に馴染むまでのデトックス効果といわれる症状で、一般的に体内の毒素が排出されているためだといわれています。しかし、単なる好転作用ともいい切れない問題もありそうです。

 

 

プラセンタ成分が合わない人もいる!

プラセンタを使った健康食品の種類には、多くのサプリが存在しています。

 

各企業で作られるプラセンタサプリの工程はさまざまで、製法や手法も違い微妙な成分の違いもあります。またプラセンタには「豚・馬・羊」などがありますが、人によっては効果をあらわす種類にも違いがあります。

 

ある人は豚との相性が良かったり、その反対に馬が合う人もいます。サプリにしても作る会社が違えば効く人と効かない人が出てくるように、プラセンタを使って製造されてもプラセンタの種類であったり、作る工程や添加物の種類などによってさまざまな種類のサプリが多く製造されることから、このサプリが良い悪いとは言い切れない部分もあります。

 

つまり、プラセンタサプリや他の種類のサプリでも、実際に飲んで初めてその人に合うのか合わないのかが分かるということです。

 

 

先に述べた「好転作用」は字のごとく、飲み続ければ症状が好転してくるという意味ですが、一概にそうは言い切れない部分もあります。実際に飲んでいる人の中には、好転作用が出て飲み続けていても一向に良くならない人もいるからです。

 

つまり、母の滴プラセンタexに限らずプラセンタを含むサプリ全般に言えることは、副作用的症状が出た場合は要経過観察が必要になるので注意が必要だということです。

 

 

しかし、プラセンタサプリを飲んで

 

  • 体の調子が良くなってきた。
  • 朝の目覚めが良くなった。
  • 肝臓が元気になったのかお酒を飲んでも二日酔いがなくなった。
  • 肌がすべすべになってきた。
  • 健康的に太ってきた。
  • 疲れが取れてきて毎日がスッキリ。

 

 

母の滴プラセンタexだけを使っている人の、全体の90%近くはこのような恩恵を受けているのも事実。プラセンタサプリ全体を他の健康サプリと比べた場合でも、健康や美容に高い水準のパンセンテージを与えているのではないでしょうか?